UP FOOD PROJECT

アップサイクルは「創造性」が重要

アップサイクルは「創造性」が重要

アップサイクルとは、本来であれば捨てられるものに、新しい価値を持たせることで別のものに生まれ変わらせるプロセスのことです。

創造的再利用」とも呼ばれており、アイデアやデザインなどの創造性が重要な役割を果たすといわれています。

リサイクルとの違いは?

リサイクルは使い終わった製品を原料に戻すなどして再び製品を作るプロセスを指します。例えばペットボトルを粉砕→融解→繊維→洋服を作るといった感じです。

一方で、アップサイクルは手を加えて新たな価値を持った製品を作るプロセスを指します。例えば、海の生物を脅かす海洋プラスチックを使ってアクセサリーに生まれ変わらせるといった感じです。

原料に戻す時にエネルギーを使用するリサイクルに対して、アップサイクルではもとの特徴をなるべく生かすことが多いため、環境への負荷が低い傾向があります。