UP FOOD PROJECT

牛乳パックから作った糸で編んだ靴下

牛乳パックから作った糸で編んだ靴下

パートナーの株式会社島精機製作所(和歌山県和歌山市)が新規事業として進めている「リサイクル紙糸プロジェクト」で開発した、牛乳パックから作った糸で編んだ靴下です。

リサイクル紙糸プロジェクトについて

日本の古紙回収率は世界第4位で、約80%が回収されています。そのうち237万トンほどが海外へ輸出されていますが、近年、輸出先国の輸入規制によって行き場を失おうとしていることを知りました(公益財団法人古紙再生促進センターHPより)。

「燃やされて二酸化炭素を排出し、地球環境の悪化につながってしまう。」と危機感を覚えた岩崎さん・有北さんの2人が、古紙を糸としてリサイクルするプロジェクトを2021年に開始しました。

2021年5月には、リサイクル紙糸を自社開発の特殊な編み機(ホールガーメント)で編み上げたハイクオリティな靴下でクラウドファンディングに挑戦するなど、サステナブルな素材ブランドを立ち上げるべく日々奮闘しています。