カスカラとは?歴史・廃棄問題・商品開発事例

コーヒー豆の生産時に発生する「カスカラ」は、一部は飲用や肥料として利用されているものの、大部分は廃棄されて環境汚染の原因となっています。 一方で、ポリフェノールをはじめとする優れた成分を含むことも明らかとなっていることから、有効活用することによって、コーヒー生産国の環境汚染抑止や農家の収入向上、消費者の健康増進につながる可能性のある優れた食品素材といえます。 ここでは、カスカラとは何か、歴史や現代の廃棄問題、そしてカスカラを活用した商品開発事例を紹介します。 カスカラとは コーヒーの果実は真っ赤なチェリーのような姿でコーヒー樹(コーヒーノキ)に実ることから、「コーヒーチェリー」と呼ばれます。 このコーヒーの果実からコーヒー豆(種子)…