食のアップサイクルの動向

2022年は資源高に円安、ウクライナショックが重なったことで、穀物、飼料、水産物などの食料価格が軒並み上昇しています。食料の6割を輸入に依存している日本の持続可能性の脆弱性が顕在化した年といえるでしょう。 本稿では、日本の食品産業の持続可能に関する課題を指摘するとともに、そうした課題解決に向けた取り組みの一つであるアップサイクルの動向について紹介します。 日本の食品産業の持続可能性に関する課題 日本の食品産業の持続可能に関する課題を「原料調達」と「外部不経済の内部化」の2つの側面から提示します。 原料調達リスク 原料調達リスクは供給と需要の両面から顕在化しつつあります。それぞれの要因を一覧にしました。 供給面では、①気候変動による干…