UP FOOD PROJECT

ABOUT US

日本の食を持続可能にUpdateする

私たちが生きていくために欠かせない「食」は、持続不可能な状況に陥っています。

「気候変動」の原因となっている温室効果ガスの排出量のうち、人為起源の21~37%はフードシステムによって占められています。また、人口増加と食生活の変化によって、2025から30年頃にはタンパク質が不足するという予想もあります。
食の問題
そのような状況のなか、全世界で生産されている40億トンの食料の3分の1にあたる13億トンが捨てられています。

日本国内でも、2019年度には570万トンの食品ロスが発生したほか、価格維持のために収穫後に出荷しないで廃棄される野菜・穀類・果実の量も年間約400万トンにのぼるとみられています。そして、最終的には食品廃棄物全体の41%にあたる1055万トンが焼却・埋立されています。

このような状況を変え、日本の食を持続可能にアップデートするために、UP FOOD PROJECTを立ち上げました。

排出素材から消費者までつながるエコシステムづくり

「食領域のUpcycleで日本の食を持続可能にUpdateする」というMissionを共有するパートナーとともに、排出素材から消費者までつながるエコシステムづくりを目指します。
UP FOODの目指すエコシステム

【UP FOOD PROJECT 活動概要】
<アップサイクル対象領域>
1)食品残渣を食品にアップサイクル
2)食品残渣をモノにアップサイクル
3)食品産業から出る廃材をモノにアップサイクル
<活動内容>
1)排出事業者と製造事業者の交流による新たな製品開発機会の創出
2)アップサイクル製品のPR・営業・販売の共同化
3)資源の集配・保管・一次加工共同化などの共創型ビジネスモデルの検討

PARTNER

Development Partner

サラヤ_ロゴサラヤ株式会社

家庭用及び業務用洗浄剤等の衛生用品等の開発・製造・販売。第1回ジャパンSDGsアワードでSDGs推進副本部長表彰受賞。急速液体凍結機・真空脱気包装機・衛生管理方法といったソリューションで生産者から消費者までのサプライチェーンの課題解決に取り組んでいます。

キュアテックス_ロゴ株式会社キュアテックス

【ひとを癒すやさしさを。暮らしへ、世界へ。】人と環境にやさしい和紙繊維〈CURETEX®〉やハラール・ヴィーガンなど食の多様性に配慮した商品を展開。持続的且つ発展的なサーキュラーエコノミー実現のため「循環型未来共創プロジェクト」を推進しています。

艶金_ロゴ株式会社艶金

ファッション衣料の生地を染色し、風合いを整える「染色整理加工」を行う会社です。CO₂排出量が多い染色整理加工の環境負荷を減らすために、省エネルギータイプの染色機やバイオマスボイラーの導入を行い、環境配慮型染色整理工場のビジネスモデルの構築を進めています。

ペーパル_ロゴ株式会社ペーパル

明治23年に奈良の地で創業して以来、130年以上にわたり紙の販売を通じて日本の紙文化を支えています。FSC(R)/COC認証を取得し、脱プラスチックを視野に入れた素材の啓発活動を行っています。様々な廃棄素材を紙にアップサイクルするフードロスペーパー事業でSDGsへの取り組みを推進しています。

島精機製作所_ロゴ株式会社島精機製作所

コンピュータ横編機やデザインシステムをはじめ、編機からまるごと1着編み上げるホールガーメント技術など、ファッション業界に欠かせない製品やサービスを展開する和歌山県の企業です。地元一次産業の継続を支える取り組みや、よりサスティナブルな服作りの推進のため古紙を使った素材の開発を行っています。

ASTRA FOOD PLAN ロゴASTRA FOOD PLAN株式会社

過熱水蒸気技術を用いた食品乾燥装置『過熱蒸煎機』を開発・販売しているフードテックベンチャーです。
『過熱蒸煎機』は高い生産効率とコストパフォーマンスを実現したことから、食品ざんさ等を付加価値の高い食材にアップサイクルすることができます。フードロス等、食の問題解決のための持続可能な仕組みづくりに取り組んでいます。

Collaboration Partner

コル_ロゴ株式会社コル

【UP FOOD PROJECT幹事】「社会課題に挑む人の力を結集して日本をSXする」をミッションに掲げ、食を基点に社会問題の解決を目指すサステナブル・キッチン事業を推進しています。

店舗流通ネット_ロゴ店舗流通ネット株式会社

店舗リース事業、店舗不動産ファンド事業、工事事業、人材・プロモーション事業。全国3500店舗を超える飲食店の出店支援の実績を持つ。2040年までに店舗を軸とした事業領域で100の事業創出を目指すとともに、終わりなきESGの追求をビジョンとして掲げています。

海月研究所_ロゴ株式会社海月研究所

クラゲは漁業や発電プラントでは厄介者、水族館では癒しの対象。このクラゲを未利用バイオマス資源として有効活用し、化粧品や健康食品、さらには医療・樹脂・アグリ・エネルギーなど様々な分野に展開し、サーキュラーエコノミーとしてのクラゲ産業を構築し、SDGsの達成に貢献することを目指しています。

くつろぎたいのも山々_ロゴくつろぎたいのも山々

【子どもにとって良い社会をつくる】母と子どもの7年6ヶ月にかけがえない時間を創出するために私たちは存在しています。子どもに罪悪感なく与えられる「無添加こどもグミぃ〜。」を企画・販売。子連れでも疲れない観光農園/キャンプ場「くつろぎたいのも山々」の運営。廃棄フルーツや耕作放棄地という地域課題の【心を揺さぶるアップサイクル事業】を展開中。

OYAOYA_ロゴOYAOYA

京都発、規格外野菜をアップサイクルした乾燥野菜ブランドOYAOYA。「おいしい!を耕そう。」をコンセプトに、畑の新しいご馳走である乾燥野菜を販売。こだわった栽培方法・とれたての野菜を乾燥加工した乾燥野菜は、味わい・香り・色全てフレッシュ。京都の若手農家さんと共に行き場のない野菜に価値をつけ、フードロスの削減と農業の存続に向き合います。

GOOD COFFEE FARMS ロゴGOOD COFFEE FARMS

中米のグアテマラでスタートしたコーヒー生産者団体です。「コーヒーで世界を変えよう。」をスローガンに掲げ、電気も燃料も水も使わない自転車でつくるスペシャルティコーヒーを産地直送でお届けしています。また、コーヒー生産でこれまで廃棄されてきたカスカラ(コーヒーの実の果皮)やコーヒーの木もアップサイクルして商品化しています。

縁の木_ロゴ縁の木

【焼きたて珈琲で縁をつなごう】認証よりも人の縁を大切に、原産国の支援になる珈琲豆を少量ずつ焙煎して新鮮な香りをお届けします。全国の福祉作業所とコラボしながら、知的障害者の工賃アップと職の多様性創出を目標に掲げています。2019年より健常障害の別なくアップサイクル商品の原材料創出に取り組むKURAMAEモデルを主宰、台東区蔵前にて行っています。

共創パートナー募集中

新たなパートナーのご参加を随時募集しています。(お問合せはこちらから)