UP FOOD PROJECT

ABOUT US

日本の食を持続可能にUpdateする

私たちが生きていくために欠かせない「食」は、持続不可能な状況に陥っています。

「気候変動」の原因となっている温室効果ガスの排出量のうち、人為起源の21~37%はフードシステムによって占められています。また、人口増加と食生活の変化によって、2025から30年頃にはタンパク質が不足するという予想もあります。
食の問題
そのような状況のなか、全世界で生産されている40億トンの食料の3分の1にあたる13億トンが捨てられています。

日本国内でも、2019年度には570万トンの食品ロスが発生したほか、価格維持のために収穫後に出荷しないで廃棄される野菜・穀類・果実の量も年間約400万トンにのぼるとみられています。そして、最終的には食品廃棄物全体の41%にあたる1055万トンが焼却・埋立されています。

このような状況を変え、日本の食を持続可能にアップデートするために、UP FOOD PROJECTを立ち上げました。

排出素材から消費者までつながるエコシステムづくり

「食領域のUpcycleで日本の食を持続可能にUpdateする」というMissionを共有するパートナーとともに、排出素材から消費者までつながるエコシステムづくりを目指します。
UP FOODの目指すエコシステム

【UP FOOD PROJECT 活動概要】
<アップサイクル対象領域>
1)食品残渣を食品にアップサイクル
2)食品残渣をモノにアップサイクル
3)食品産業から出る廃材をモノにアップサイクル
<活動内容>
1)排出事業者と製造事業者の交流による新たな製品開発機会の創出
2)アップサイクル製品のPR・営業・販売の共同化
3)資源の集配・保管・一次加工共同化などの共創型ビジネスモデルの検討