UP FOOD PROJECT

島精機製作所が中学校で牛乳パックを回収して糸へと再生

島精機製作所が中学校で牛乳パックを回収して糸へと再生

2022年11月22日、田辺市立高雄中学校の全校生徒が回収した牛乳パックを、サステナブル素材ブランド「ReMateri®」を展開する(株)島精機製作所に引き渡しました。

また、「ReMateri®」の関係者から全校生徒に対し、牛乳パックをリサイクルして製品に生まれ変わるまでのストーリーを紹介しました。

給食で出る牛乳パックを回収

1か月間の回収で約7,500枚のパックが集まり、(株)島精機製作所は協力会社を通して再生紙の糸「REPAC™」(リパク)を製造・販売します。

校長先生の「生徒に履かせてあげたい」という熱い想いも後押しし、全校生徒に牛乳パックからできた靴下を提供する予定で取り組みを進めているとのことです。
ReMateri-PR画像1
田辺市立田辺中学校の生徒会メンバーからは「最初は面倒だと思ったが、毎日続けてると上手にパックが開けるようになり、楽しかった。」や「どうやってリサイクルされているのか知れて良かった。」などのコメントがありました。

リサイクル紙糸プロジェクトについて

(株)島精機製作所は社内ベンチャーの取り組みとして2020年より再生紙を使った和紙糸の開発を進めてきました。当時、古紙を配合した紙の糸は世の中になく、世界初の発明となりました。(※2020年当時、自社調べ)

2021年5月には、リサイクル紙糸を自社開発の特殊な編み機(ホールガーメント)で編み上げたハイクオリティな靴下でクラウドファンディングに挑戦するなどして、サステナブルな素材ブランドとして立ち上がりました。

現在はニット製品に限らず様々なアイテムで提案をしています。
ReMateri-PR画像2

今後の展望について

牛乳パックを使う多くの企業や団体に活用して頂ける可能性があり、今後も今回のような地域・地方とのコラボレーションも積極的に進めていき、一人でも多くの方にSDGsやサステナブルな想いを届けて、未来の環境を守るような取り組みを進めたいとのことです。